HOME > エリジオンの挑戦 > エリジオンの仕事

エリジオンの挑戦

世界を相手に存在感を

エリジオンの仕事

3次元データに起因するさまざまな問題を、
ソフトウェア開発で解決するのが
エリジオンの仕事です。

開 発
コア・コンピタンスには自信があります

ソフトウェアを仕事にしようとしたとき、OSや開発言語やインターネットの習得だけに目が行ってしまう人が多いのが現実です。
しかし、コンピュータもインターネットもそれらは道具に過ぎません。それを使って何を創造し表現するかというコンテンツが大事なことは、言うまでもありません。 勉学を通じて鍛えられた思考力と研ぎ澄まされた知性が、真に競争力のある素晴らしいソフトウェア製品の開発を可能にします。
エリジオンでは工学・数学を十分に身につけた強者が集まり、絶対的なコアコンピタンスを築いています。特に、形状処理技術(曲面や立体を数学的に扱う技術)とCADデータ変換技術は、世界のトップクラスを自負しています。

極める。

会社設立以来こだわり抜いて来た形状処理技術の高さがエリジオンの最大の強みです。お客様の先端的な問題を解決し、厳しい競争に勝ち抜くため、優秀なエンジニアが日々その性能を磨き上げ、製造業のお客様の間で確固とした評価を確立しています。そして、その核となる技術の絶え間ない品質向上によって3次元データ処理の精度とスピードの向上というソリューションを提供しています。製造業のお客様を中心に3次元データを扱うあらゆる業界のリードタイム削減に大きく貢献しています。

イメージ
つなぐ。

もうひとつの強みは3次元データの変換技術です。エリジオンの高精度なデータ変換技術によって、あらゆる種類のCAD/CAM/CAEシステムが迅速かつ正確につながります。製造業のお客様が最適な製品開発環境を構築する上で、エリジオン製品はなくてはならない存在なのです。

イメージ
創る。

さまざまな技術を集結させ、組み合わせ、パッケージソフトウェアに仕上げます。より多くのお客様にエリジオンの技術をご利用いただくため、そして「日本発世界へ」を実現するためにパッケージ化はとても重要なファクターです。お客様にご利用いただいて初めて価値が生まれるのです。優れたコア技術を“製品”としてお客様がご利用いただける状態にするための技術開発も欠かせません。

イメージ
マーケティング
世界のデファクト・スタンダードを勝ち取ります

残念ながら、従来の日本の行ってきた政治経済活動の結果として、日本が世界から好かれていない国であることは確かなようです。
自動車・家電・ゲームが、世界の人々に個人レベルでは広く受け入れられていますが、いざ国家の威信を賭けた国際標準や規格化となると、それがどんなに優れていても、日本の主張が採用されることがないのは残念なことです。
最初からISOなどの国際規格を作り世界制覇を狙うのがアメリカ流ビジネスですが、私たちエリジオンは"私たちの企画開発した製品をまず個々の人々と企業に気に入って使ってもらい、いつの間にか市場シェアを独占していた"というデファクトスタンダード戦略で世界制覇を狙っています。

見つける。

マーケティングの大きな仕事のひとつがお客様のニーズを見つけること。つまり、3次元データに関して困っていることはないか、お客様とは異なるITのプロの視点から問題に光を当て、エリジオンの技術によってソリューションを提供できないか、調査・分析をします。エリジオンの技術に関する知識、市場の状況や競合他社の動向を把握すること。そしてお客様のことを誰よりも理解することが必要です。

イメージ
練る。

見つかったニーズに対してプランを練ります。エンジニアと協力しながら、製品をバージョンアップさせたり、新製品開発に着手したり、エンジニアとお客様の間に立って、お客様の問題解決のサポート方法を考え、実行します。広く市場状況を考慮しながら、地道な改善も進める中で、エリジオンやエリジオン製品の価値を高め、同時にお客様の価値を高めることが求められます。

イメージ
届ける。

お客様に直接販売する場合と代理店を通して販売する場合の大きく分けて2パターンありますが、「日本発世界へ」を目指して、日本で開発したパッケージ製品を世界展開するのがエリジオンの営業スタイルです。販売チャネルを開拓したり、アライアンスを組む相手を探したり、マーケットそのものから作っていくこともあります。世界を相手にしたビジネスですが、自信を持って対等に勝負しています。

イメージ
ELYSIUM
開発部門
Package
Geometry,Adapter,Frameworkを用いて、CADdoctor等のパッケージソフトフェアに仕上げる
Geometry
形状処理技術を開発する
Adapter
CADとの連携部を開発する
Framework
ソフトウェアの基本枠組みを開発する
マーケティング部門
Technical
・技術コンサル
・顧客サポート
Sales
・販売チャネル戦略
・個別顧客営業
・プロモーション
・売上管理
・代理店支援
商品企画

ページ上部へ